睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 4つに分類される不眠症の症状とは?

4つに分類される不眠症の症状とは?

不眠症の症状「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」と、不眠症になる原因について紹介します。

不眠症には4つのタイプがある

日本人の5人に1人が「夜寝付きが悪い」「朝早く目覚める」「眠りが浅く疲れが取れない」といった不眠症状に悩んでいると言われています。不眠の症状は主に4つのタイプに分類することができます。1つだけのタイプの方もいれば複数のタイプの方もいますが、まずは自分がどのタイプに当てはまるのかを知っておくとよいでしょう。

下記の4つの現象のどれかが週3回以上ある状態が3ヶ月以上続くと「不眠症」と診断されます。

(1)入眠障害

布団に入っても寝つくまでに30分から1時間以上かかってしまうタイプの不眠症です。特に不安や緊張が強い方に多く、精神的な問題が起因することもあります。明日も朝から仕事だから早く寝なければ…と考え込んでしまう方も多く、そういった不安がさらなる入眠障害を招くことも少なくありません。

何か不安なことがあった日だけ寝つきが悪くなる場合は入眠障害とは言われませんが、一般的には週に3回以上は布団に入ってからなかなか眠れないと感じていたり、それが3ヶ月以上継続している場合は入眠障害と判断されることがあるのです。

原因はストレスや体が睡眠を必要とするほど疲れていないこと、日中に光を浴びないために睡眠ホルモンが分泌されていない、カフェインやアルコールの影響などが挙げられます。

(2)中途覚醒

入眠はスムーズにできたとしても夜中に何度も目が覚めるタイプの子不眠症です。しかも、一度目が冷めてしまうとなかなか再度寝付けません。中高年になると頻度が高まると言われており、日本人の中には中途覚醒に悩んでいる方がたくさんいます。

原因として挙げられるのが、例えば環境の問題です。部屋が明るすぎたり、家の周りの道路がうるさい、湿度が高すぎる、低すぎるなど。他には不安なことがあってストレスを溜め込んでいたり、眠るときに優位に立つはずの副交感神経がではなく、活動時に働く交感神経が活発になっているなども考えられます。

人によってはうつ病やパーキンソン病の持病で飲んでいる薬に不眠な副作用があり、それが中途覚醒に繋がっているケースもあるようです。

(3)早朝覚醒

起きる予定の時刻よりも2時間以上早く目が冷めてしまうタイプです。「あと1時間は眠れる…」という時間だったとしても脳が目覚めてしまい、なかなか再度眠りにつくことができません。

特に高齢者に多く、睡眠時間が予定よりも短くなるため慢性的の睡眠不足を感じているかと思います。ただ、年を重ねるにつれて必要な睡眠時間も減り、60歳以上になると6時間以上眠れる方は少なくなるのです。

その他の原因としては降圧剤やステロイド剤、パーキンソン病治療薬などの薬の副作用や不安、ストレスなどが挙げられます。女性ホルモンのバランスが乱れた場合にも睡眠が浅くなるので、生理前などは早朝覚醒に悩む方が多いです。一過性のものではなく、1週間以上を継続して症状が現れた場合には早朝覚醒である可能性が高いといえるでしょう。

(4)熟眠障害

睡眠時間が十分とっているものの疲れが取れない、日中も眠気を感じてしまうといった悩みを抱えるタイプです。寝具が合わないものだったり、実際に時間を計ってみると睡眠時間が足りていなかったといったケースを除き、次のような原因が考えられます。

まず、飲酒によるものです。少量のお酒は緊張をほぐして眠りに付きやすくする働きがありますが、飲みすぎは浅い眠りを招きます。また、寝ている最中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群になった場合も疲れが取れていないと感じることが多いため、睡眠時無呼吸症候群も疑ってみましょう。

寝ている最中の様子は自分では確認できないため、仮に睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合は家族や知り合いに寝ている時の様子を観察してもらったり、病院に相談してみるのもおすすめです。

他には加齢やストレスも関係しています。

不眠症を引き起こす4つの原因

不眠症には様々な原因があり、それらは大きく分けると環境要因、身体要因、心の要因、生活習慣要因の4つに分類されます。なぜか毎日眠れない、眠りが浅い…と悩んでいたとしても、原因を突き止められている方は少ないのではないでしょうか。

ここでは各原因の特徴と改善策についてご紹介するので、自分の場合はどれが原因として当てはまるのかを確認し、改善策を見つけてみてくださいね。原因さえ分れば対策もわかります。

睡眠の質が落ちていたり、睡眠時間が短いと健康にも様々な悪影響をおよぼしてしまう可能性があるため、早めに対策を取るのが理想です。

(1)環境要因

寝室の環境は睡眠の質を大きく左右します。明るい、暑い、寒い、うるさい、時差があるといった問題があるとなかなかゆっくり眠れません。旅行に行った際に枕が変わっただけで全く寝付けなくなる方も環境要因の影響を受けやすいといえるでしょう。

家が道路のすぐ近くにあって夜中にトラックの走行音で目が覚める…といったケースでは対策が取れないように思うかもしれませんが、耳栓も効果的です。まずは自分の寝室をよく見渡してみて不快に思うことがないかチェックしてみましょう。

見逃しがちなのが湿度の問題です。乾燥していたり、湿度が高いと質の良い睡眠が取れないので、湿度計で寝るのにちょうど良いと言われている50%前後になっているか確認してみましょう。

(2)身体要因

身体に起きている何らかのトラブルや疾患が原因で眠りの質が浅くなったり、頻繁に目を覚ましてしまうタイプです。例えば、乾燥肌で肌が通い、喘息の発作が起きる、花粉症で寝ている間分くしゃみや鼻水が気になる、頻尿で寝てもすぐに起きてしまうなど。

対策として挙げられるのは、その疾患を改善するということ。病院での治療が必要なものもありますが、睡眠の質を高めるためにも積極的に治療を受けてみましょう。

疾患が原因で身の質が悪くなっているのであれば、その疾患を治すしか対策はありません。寝ている時は起きている時と違って横になるので、日中よりも疾患のトラブルが発生しやすくなる方もいます。そのうち病院に行けばいいや…と思って後回しになっている方もたくさんいるので気をつけたいですね。

(3)心の要因

仕事や学校、家庭などで悩みを抱えていたり、ストレスをため込んでいる方は不安が原因で眠れなくなってしまうこともあります。ストレスを溜め込んでいる場合にもそれが原因で睡眠の質が悪くなることもあるのです。

布団に入ってからあれこれ考えてしまいがちな方は注意しておきたいですね。目を閉じると不安なことを思い出して考え込んでしまう方もいます。まずは心を落ち着かせ、リラックスすることから始めてみましょう。

心を落ち着かせる働きを持ったラベンダーのアロマをかいだり、ホットミルクを飲んでから布団に入るのもおすすめです。

お風呂はシャワーのみで済ませてしまう方もいますがぬるめのお湯に入ってゆっくりと体を温めるとリラックス効果も得られるので、湯船に入る習慣を付けてみてくださいね。

(4)生活習慣要因

持病の薬で飲んでいるものの中には覚醒作用を持っていたり、眠りを妨げる働きを持ったものがあるかもしれません。そういったものを取り入れている方やカフェイン、アルコール、ニコチンなどの摂取が原因で発生するものです。カフェインは脳を覚醒させる働きを持っているため、摂取するとしたら布団に入る5~8時間前までにしておきましょう。

アルコールも今の少量であれば良いのですが、週に2日ほどは休肝日を作り、お酒を飲むにしても適量(ビールなら中瓶1本、日本酒なら1合、焼酎なら25度で0.6合など)に抑えることが大切です。

持病の薬の副作用で眠れなくなっている場合はその薬を処方してくれている医師に相談してみてくださいね。不眠効果の少ない他の薬に変更してもらえるかもしれません。

不眠症を改善するために…

医師が処方する睡眠薬や睡眠導入剤、市販の睡眠改善薬など薬を使う方法もありますが、少なからず副作用があるので長期に渡って使うのはあまりおすすめしません。

まずは、睡眠を促してくれる成分を含むサプリメントから試してみるのがおすすめです。睡眠に有効な成分が作用して、自然に眠れるよう促してくれることでしょう。

不眠症改善に役立つおすすめの睡眠サプリをチェック>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る