睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れない夜にさようなら!不眠症対策 » 寝具を見直す

寝具を見直す

快眠に導いてくれる寝具の選び方のポイントは?どのような寝具が良いのかを紹介します。

快眠するためには、寝具選びが重要

寝具の画像睡眠環境を整えてぐっすりと眠りたいと考えているなら、まず快眠するための寝具選びから行います。

良い睡眠が得られるかどうかは体や心の状態が関係しますが、枕やベッドなどの寝具、お部屋の温度、音、光といった環境を整えるだけでも違います。

快眠のためにも睡眠環境を整えることはとても重要です。ではどんなところに気を付けたら良いのか、寝具選びのポイントを紹介します。

寝具選びのポイント

(1)保湿性・吸湿性・放湿性が良いものを選ぶ

人間は体内時計の働きから、寝ると体温が下がるようになっています。体温を下げるためにまず体内から熱を出して発汗を行うので、寝具は「保湿性」「吸湿性」「放湿性」が良いものが第一条件になります。

気温が下がる冬は、寝具が冷えていると体温の放熱が上手くいかなくなることがあるので、湯たんぽや電気毛布で布団を温めておくと良いでしょう。

(2)頭部の角度が5度になる枕を選ぶ

朝起きると首や肩が凝っていることがありますが、これは枕が合っていない可能性があります。枕は式布団と後頭部の隙間を埋めて、立ち姿勢のような自然な姿勢を保つ役割をします。

枕の高さがきちんと合っていると、頸部の隙間の深さは1~6cm、頭部の角度は5度になると言われています。頭を乗せた時に呼吸がしやすく、しっかり支える弾性があるものを選びましょう。

(3)敷布団やベッドマットは適度に硬いものを選ぶ

自然な姿勢というのは、後頭部から首、胸、腰にかけて、背骨が2つのS字カーブになっています。寝た姿勢で体への負担が一番少ないのは、腰部のS字カーブの隙間が2~3cmだと言われています。

敷布団やベッドマットが柔らかすぎると背骨が曲がり過ぎ、寝返りが多くなってしまいます。反対に硬すぎると耐圧を感じ過ぎ、寝心地が悪くなります。一番良いのは適度な硬さで快適な寝相を保てるものです。

(4)フィット感の良い掛け布団を選ぶ

掛け布団は保湿性・吸湿性・放湿性が良いものを選ぶのはもちろんですが、睡眠中の寝返りをしやすいように体にフィット感がある軽いものが最適です。

サプリを併用して、より眠りやすく

体への負担が少ない寝具に変えることで睡眠環境はとても良くなります。それでもまだ眠れない、なかなか効果が現れないという方は、睡眠サプリを併用しましょう。体の内側から良質な睡眠をサポートしてくれるので、寝具選びと一緒に睡眠サプリも厳選してみてください。

おすすめの睡眠サプリをチェック>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る