睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れない夜にさようなら!不眠症対策 » 快眠のために避けるべきこと

快眠のために避けるべきこと

眠りの質を下げる原因とは?こちらのページでは、不眠症を解消するために避けるべきことを解説します。

熟睡するために日常生活で気を付けること

寝具の画像普段何気なく行っている行動が、実は睡眠を妨げていることがあります。日本人は睡眠に関する問題を多く持ちやすく、5人に1人は快適に睡眠ができていないとも言われています。

では質の良い睡眠をするにはどうしたら良いのか。普段の生活で行っている行動で、眠りの質を下げてしまっている行動を調べてみました。

睡眠の質を高めるポイント

日中はできるだけ動く

日中しっかり体を動かすと、体は自然と眠りを要求するようになります。反対に日中に過度に休んでしまうと夜眠りたいのに眠れなくなってしまうことがあります。とはいえ、普段運動をする時間がない方もいます。そのような方は通勤を徒歩にする、駅では階段を使うなど、工夫をすると良いでしょう。

カフェインやアルコールの多い飲み物は避ける

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります。またお酒のアルコールも分解される時に交感神経が刺激されるため睡眠を邪魔してしまいます。寝酒は寝やすくなると思われていますが、睡眠の質は高まらないので注意が必要です。コーヒーは就寝4時間前には飲まないようにしましょう。

パソコンやスマホは就寝前に見ない

就寝前にパソコンやスマホを見ていると、液晶から発せられるブルーライトが睡眠に必要なメラトニンの分泌を抑えてしまいます。さらに脳を覚醒させるために寝つきが悪くなることも…。就寝1時間前にはパソコンやスマホを見ないようにして、脳をリラックスさせましょう。

眠る前に食事をしない

就寝前に食事をすると、胃の消化活動が活発になります。それによって寝つきが悪くなってしまい、十分な睡眠時間が取れなくなります。できるかぎり就寝の3時間前までには食事を終え、食べた物の消化が済んでから眠るようにしましょう。

夜は部屋を暗く、朝は明るくする

目を閉じていても光は感じるように、睡眠中も部屋を暗くしないと網膜が光を感知して睡眠に必要なメラトニンの分泌を止めてしまいます。できるかぎり夜は部屋を真っ暗にして、逆に朝はカーテンを開けて太陽の光を取り込みます。日光を浴びることで1日が始まるように体に覚えさせましょう。

睡眠サプリを併用すると効果アップ

上記で紹介した方法に気を付けるだけでも快眠に近づけますが、さらに良質な睡眠を取ろうと思うなら睡眠サプリの併用がおすすめです。睡眠サプリを使って体の内側から睡眠に必要な成分を十分に補えば、今までの寝つきの悪さが改善して安眠できるかもしれません。

おすすめの睡眠サプリをチェック>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る