睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れない夜にさようなら!不眠症対策

眠れない夜にさようなら!不眠症対策

ぐっすり眠るためにはどうしたら良いのか。今すぐできる不眠症対策について紹介します。

不眠症の対策方法を紹介

寝たいのに眠れない不眠症。ひどくなる前に今すぐできる対策方法で、不眠症の症状を改善していきましょう。睡眠の質を改善させる、いくつかのポイントを紹介します。

(1)生活習慣を見直す

安眠をしたいのなら、まずは生活習慣の見直しから始めましょう。普段何気なくしていることでも、実は安眠を阻害している行動があります。

例えば夜は真っ暗にして朝はカーテンを開けて太陽の光を浴びているかどうか。太陽の光には体内時計を整える効果がありますし、日中の活動を促すセロトニンの分泌を高める効果もあります。

その後通勤や通学ではできる限り運動を取り入れて、身体を動かすようにしましょう。

就寝前にはパソコンやスマホをいじったり、お酒やコーヒーを飲むのは避けたいものです。パソコンやスマホから発せられるブルーライトは快眠に必要なメラトニンを分解してしまい、睡眠の質を低下させる作用があります。生活習慣をちょっと見直すだけでも睡眠の質がぐっと高まるので、ぜひ改善していきましょう。

「生活習慣を見直す」について詳しく見る>>

(2)寝具を見直す

ぐっすりと朝まで気持ち良く眠りたいのなら、寝具を見直してみましょう。快眠するなら、保湿性・吸湿性・放湿性が大切です。

人間は寝ると体温が下がるようになっていますが、その体温を下げるためにはまず発汗して熱を放出します。寝具はその熱を上手く逃してくれるものが良いのです。

また枕選びも大切。立ち姿勢のような自然な角度を保つ枕なら、身体への負担がなく眠ることができます。敷布団やベッドマットは柔らかすぎても硬すぎてもいけません。適度に硬いものを選び、快適な寝相を保ちましょう。

寝具は好みが多いものですが、身体への負担がないものが一番です。寝るだけで日頃の疲れを取ってくれるような、快適なものを選んでください。

「寝具を見直す」について詳しく見る>>

(3)安眠のツボを押す

体のあちこちの存在するツボの中には、押すだけで安眠しやすくなるツボが存在します。もともとツボは東洋医学の考えのもとで生まれたもの。気(エネルギー)と血(血液)が循環する通り道「経絡」が交わるポイントを、ツボと呼んでいます。このツボをマッサージすることで気血の流れを整えるのですが、不眠の時に流れが滞る場所を刺激することで安眠できるのです。

睡眠を促すツボは、安眠や完骨、神門などがあります。安眠は耳の後ろの尖っている骨から指の幅1本分の下、完骨は耳の後ろの膨らみから1cm下の内側にずれたへこんでいる部分、神門は耳の上部・内側にあるくぼみの部分。眠りにくさを感じているなら、それぞれをゆっくり指圧してみましょう。

「安眠のツボを押す」について詳しく見る>>

(4)アロマを使う

ただよう香りによって心が癒されるアロマは、不眠の方にぴったりの対策方法です。特に女性には身近に感じられるリラクゼーションで、さまざまなシーンで利用ができます。

アロマの香りは眠っていても感じられるので、好きな香りを選んで入眠からリラックスしましょう。不眠解消に役立つアロマとしては、ラベンダーやカモミール、ネロリ、オレンジなどがあります。どれも不安感や緊張を取り除いたり、神経の興奮を抑えたりすることで、安眠できる環境を作り出してくれます。

「アロマを使う」について詳しく見る>>

(5)音楽を聴く

音楽によるヒーリング効果はさまざまな効果をもたらします。最近は書店でも、聴くだけでリラックスできる、眠れる、能力が上がるなど、さまざまな効果をうたった本が出回っています。その中でも不眠の方は睡眠に良い影響を与える音楽を選ぶことで、スムーズな入眠が実現するかもしれません。

音楽に集中することで周りの雑音を排除でき、音に意識がいくため余計な考え事をしなくなります。また音楽を聴くことで全身の力が抜けて寝ている時と同じようなリラックスした状態となるため入眠へのアプローチができます。入眠するまでの時間でよいので、1時間程度ゆったりと聞けるような音楽を選んでみましょう。

「音楽を聴く」について詳しく見る>>

(6)快眠のために避けるべきこと

普段何気なく行っている行動が、実は快眠を妨げていることがあります。睡眠の質を高めるためには次のような行動に気を付けましょう。

日中はできる意識して動くこと、カフェインやアルコールの多い飲み物は就寝前に飲まないこと、寝る前に食事をしないこと、パソコンやスマホは就寝前には見ないこと、夜は部屋を暗くして朝は太陽光を取り入れることなど。

ちょっとしたことでも実行するだけで不眠解消への一歩を踏み出すことができるので、ぜひ実践してみてください。

「快眠のために避けるべきこと」について詳しく見る>>

(7)食事を見直す

毎日の睡眠に悩みを抱えているのであれば、食事内容を見直してみるのがおすすめです。私たちが口から取り入れる食事は身体に様々な影響を与えるのですが、食材の中には、睡眠に働きかけてくれるものもあります。

食事は薬ではないので即効性の効果は期待できませんが、毎日継続することによって眠りに付きやすい体作りに繋がるはずです。

どのような食材が睡眠に働きかけてくれるのか、食事を取り入れる際に理想的な時間はいつくらいなのか、寝る直前には何を取り入れると眠りに付きやすくなるのかなどについてご紹介します。更に効果を高める方法についてもご紹介するので参考にしてみてくださいね。

「食事を見直す」について詳しく見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る