睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 不眠症の市販薬(睡眠改善薬)の効果と副作用

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)の効果と副作用

不眠症の薬は、処方薬と市販薬でどう違うのか。その違いと市販されている睡眠改善薬について紹介します。

医師処方の睡眠薬と市販楽(睡眠改善薬)の違いとは

眠れない日々が続いた時に救世主となるのが「薬」です。不眠症の場合、睡眠薬を使うこととなりますが、市販されている睡眠改善薬と病院で医師に処方される睡眠薬とは何が違うのでしょうか。

病院で処方される睡眠薬の多くは「ベンゾジアゼピン系」で脳の働きを抑制し、不安を抑えたり眠気を発生させたりします。直接的に体を眠らせるように仕向けるお薬です。

一方で市販の睡眠改善薬は「ジフェンヒドラミン」が主成分で、体内のヒスタミンの働きを抑えて体を間接的に眠らせます。市販楽は睡眠薬というよりも、睡眠導入剤や睡眠改善薬という扱いです。

睡眠改善薬にも副作用はある

市販薬の方が処方薬よりも効果が強過ぎず体に優しいイメージはありますが、やはりお薬なので少なからず副作用はあります。口の渇きや尿量の減少、便秘、心拍数の増加など様々です。あくまでも「一時的な不眠」に勧められるお薬なので、睡眠改善薬を長期にわたって使用するのは避けたいものです。

長く使うことを考えたら、睡眠を促すサプリメントがおすすめです。睡眠サプリなら、長期にわたり使っても副作用の心配がなく、根本から眠りやすい体づくりを手伝ってくれます。

手軽に購入できる睡眠改善薬

ドリエル

睡眠改善薬の中でも知名度が高く、手に入れやすいお薬です。錠剤タイプとカプセルタイプがあり、自然に近い眠りに導いてくれます。睡眠改善効果は82.1%の方が実感。多くの方が利用しているNo1睡眠改善薬のため、全国の薬局やドラッグストアで容易に手に入れやすいのもポイントです。

「ドリエル」について詳しく見る>>

ネオディ

ネオディは大正製薬から販売されている睡眠改善薬で、寝付きを良くしたり眠りを深くしたりする作用があります。他の睡眠改善薬に比べると成分は同じでも穏やかに作用するという口コミが多いので、初めて睡眠改善薬を使用する方にもおすすめです。

「ネオディ」について詳しく見る>>

ウット

一般的に配合されるジフェンヒドラミンのほかに、ブロモバレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素も配合された睡眠改善薬です。3種類の成分がバランス良く配合されており、他の睡眠改善薬よりも効き目が強いと言われています。現代社会のストレスを緩和するために作られており、不眠だけでなく頭痛や他にも鎮静が必要な症状で活躍します。

「ウット」について詳しく見る>>

カローミン

比較的価格が安いため、ドリエルよりも同じ成分で安く購入することができる睡眠改善薬です。摂取することでなかなか寝付けない、眠りが浅いといった症状を緩和することができます。ジフェンヒドラミンもしっかり50mg配合されているので、効果にも期待できます。

「カローミン」について詳しく見る>>

リポスミン

フィルムコーティング錠で飲みやすい睡眠改善薬です。他の睡眠改善薬と同様にジフェンヒドラミンが配合されており、就寝前に飲むだけで一時的な不眠症状を改善できます。特徴的なのは、他の睡眠改善薬より安価に購入しやすいこと。ネット通販などでは1箱500円以下で購入できる場合もあり、お手軽に睡眠改善薬を試せます。

「リポスミン」について詳しく見る>>

睡眠改善薬を検討する前に睡眠サプリの体験談を見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る