睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れないのはなぜ?不眠の原因を探る » ストレスで眠れない

ストレスで眠れない

なぜストレスによって不眠症状が起こるのか。不眠になる原因と対策方法を紹介します。

ストレスと睡眠は密接に関係している

ストレスと睡眠の画像現代社会では日常生活のさまざまなところにストレスが存在しています。職場や学校での生活、転職や転勤、結婚、病気などもストレスの原因となり、気がつかないうちにストレスが溜まっていってしまいがちです。

ストレスが続くと不眠症になるとよく言われますが、それはストレスが交感神経を活発に働かせて、副交感神経の働きを阻害するから。副交感神経が上手く働かくなることが不眠症の原因となります。ストレスによって起こる不眠は「ストレス性睡眠障害」と言われています。

ストレスが睡眠のサイクルを乱す

通常、睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を90分周期で繰り返しています。ですがストレスを抱えていると、このレム催眠とノンレム催眠の周期が狂い、脳が十分に休めないレム催眠の時間が増えてしまいます。それによって深い眠りにつける時間が減り、ぐっすりと眠れない状態が続くのです。

熟睡感がないことで余計にストレスが溜まり、そのストレスによってまた眠れないといった悪循環に陥ることも…。さらにストレスによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった疾患が起こることもあります。

ストレスによる不眠の対策方法

ストレスによる不眠に陥らないためには、原因となっているストレスを解消するのが一番です。ストレスを解消することで脳と体をリラックスすることができます。ただし原因と分かってはいても、仕事内容や生活環境など、ストレスの根本を改善するのが難しいこともあります。

その場合はまずは眠りやすい環境を作ることです。就寝前の4時間はカフェインの摂取をしない、就寝前にパソコンやテレビ、スマホをいじるのはやめる。眠ろうと布団に入ると余計頭が冴えてしまい寝つきが悪くなる方は、眠くなってから床に入るようにする。

またリラックスしてストレスを解消するのも良いでしょう。

  • 眠る前には好きな音楽を聴いたり読書をしたりする
  • ゆっくりと大きな呼吸をして気持ちを落ち着かせる
  • 40度以下のぬるめのお風呂に入る
  • アロマテラピーの香りで落ち着かせる

などさまざまな方法がありますが、自分に合ったリラックス方法を見つけることで、脳の興奮が落ち着き自然に眠れるようになります。

「眠れない」を改善するおすすめ睡眠サプリを見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る