睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れないのはなぜ?不眠の原因を探る » 副作用で眠れない

副作用で眠れない

薬の副作用で眠れなくなるケースもありますが、アルコールやカフェインなどの摂取が原因で不眠になることも…。このページでは、その原因と対策方法を紹介します。

服用している薬が不眠の原因に…

「なかなか寝付けない」「夜、何度も目が覚めてしまう」といった不眠症状の原因の一つに、服用している薬の副作用が考えられます。

体の調子が悪くなった時には薬を飲みますが、どんな薬にも副作用はあります。病気の治療で薬を飲み始めた時から不眠が起こった場合、その薬が眠りを妨げている場合があります。このような不眠は「薬剤性不眠」と呼ばれています。

例えば、降圧薬や高脂血症治療薬、食欲抑制薬、抗潰瘍薬などは副作用に注意が必要です。また抗うつ剤や抗パーキンソン病薬、副腎皮質ステロイド、気管支拡張薬なども、不眠を引き起こすことがあります。

毎日飲んでいる飲み物で眠れなくなることも…

カフェインを含むコーヒーの画像薬の副作用だけでなく、毎日飲んでいる飲み物が眠りを妨げていることもあります。

寝る前にコーヒーやお酒を飲んでいる方の場合、カフェインやアルコールの摂取が原因で交感神経が活性化し、なかなか寝付けなくなってしまうことがあります。

コーヒー以外にも紅茶やココア、お茶にもカフェインは含まれているので、不眠症状に悩んでいるなら夜はカフェインを含む飲料の摂取は控えた方が賢明です。

また、タバコのニコチンも不眠の原因だと言われているので、喫煙する方は気を付けましょう。

薬の副作用による不眠の対策方法

薬を服用することで起こる「薬剤性不眠」になっている場合は、担当する医師に相談して原因となる薬の処方をストップしてもらい、代わりの薬を処方してもらうといった対策方法があります。副作用があるからといって自己判断で薬の服用を止めてしまうのはいけません。不眠になっていることを医師に相談して、副作用をなるべく減らせるように対処してもらいましょう。

カフェインやアルコール、タバコが不眠の原因になっているのなら、飲まないようにする、吸わないようにするだけでも、寝つきが良くなったり熟睡できるようになったりします。ほんの少し我慢するだけで肉体的にも精神的にも楽になれるため、不眠に悩んでいる方は原因となるものの摂取を控えましょう。

「眠れない」を改善するおすすめ睡眠サプリを見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る