睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れないのはなぜ?不眠の原因を探る » 生活が不規則で眠れない

生活が不規則で眠れない

こちらのページでは、生活環境の乱れが体内時計を狂わせ、眠りの質が低下してしまうことについて解説します。

生活リズムの乱れが、体内時計を狂わす

生活リズムの乱れイメージ画像睡眠障害になる理由の一つに、生活環境の乱れが挙げられます。人間の体は毎朝太陽の光を浴びることで、生体リズムが整います。生体リズムとは体にもともと備わっているリズムで、体内時計のようなものです。

朝になると目が覚める、夜になると眠くなるなど、睡眠や体温、血圧などを、無意識で決まった周期で変動させています。生体リズムが正しく働くことで、毎日を健康に生活できる状態にしてくれるのです。

この生体リズムは、毎朝太陽の光を浴びることで正しく動くことができるのですが、家にずっとこもっていたり太陽の光を浴びる時間がずれたりすることで、だんだんと不規則になってしまうのです。生体リズムが整わないことが続くと、やがて不規則型の睡眠や覚醒パターンが引き起こります。

寝不足になることで、さらに悪循環に

生活が不規則だと体内時計が狂いやすくなり、なかなか眠れなかったり中途覚醒が続いたりして、不眠状態に陥りやすくなります。

寝不足になると身体的にも精神活動的にもパフォーマンスが低下し、体の休息モードと活動モードの切り替えがきちんとできなくなります。これによって自律神経やホルモンバランスも乱れ、さらに悪循環を生み出すことになります。

生活の乱れによる不眠の対策方法

なるべく生活リズムを正そうとしても、仕事柄不規則な生活になってしまう方も多いと思います。ただし、生活が不規則な方でも、工夫次第で眠れるようになります。まずは自分のできる範囲で、眠りやすい環境を整えていきましょう。

眠る時間帯はカーテンやシャッターを閉めて、部屋を暗くします。光がなくなることで睡眠中に活発になる副交感神経が優位に働き、眠りやすくなります。

勤務時間が不規則な場合、ついついダラダラと寝てしまいがちですが、休日もなるべく普段と同じように起きて活動し、夜勤がある場合に出勤前に睡眠をとるようにします。夜の睡眠の前倒しのようになりますが、朝しっかり目覚めることで体内時計が狂いにくくなります。

どうしても眠れない場合は睡眠導入剤を使う方法もありますが、睡眠時間が不規則な場合は強い睡眠導入剤の使用はおすすめできません。不眠症状を緩和してくれるサプリを摂って、穏やかに眠れるようにするのが良いでしょう。

「眠れない」を改善するおすすめ睡眠サプリを見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る