睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れないのはなぜ?不眠の原因を探る » かゆみがひどくて眠れない

かゆみがひどくて眠れない

なぜ肌のかゆみで眠れなくなるのか。アトピー等の皮膚疾患による不眠の原因と対策方法を紹介。

自律神経の乱れやアトピーが原因に

かゆみが原因で眠れないイメージ画像「夜になると体がかゆくて眠れなくなる」という方は多いものです。昼は全然かゆみがなく、夜だけかゆみが現れてひどくなる場合は自律神経の乱れが原因であることも…。

自律神経は心身を活発にしたりリラックスしたりするのに必要な神経ですが、乱れているとコントロールが上手くいかず、全身にかゆみを引き起こすことがあります。

ただし一般的に肌のかゆみは、アトピーなどの皮膚疾患が関係していることが多いようです。日中もアトピーでかゆみがあるのに、夜になるとかゆみがひどくなり眠れなくなる、せっかく眠れてもかゆみでまた起きてしまうなど、普段からつらいのに、かゆみで不眠になるのはもっとつらいものです。

皮膚のかゆみは、腸が原因になっていることがあります。腸は免疫機能を担っていますが、腸が健全に働いていないと免疫機能がしっかり作用しない、外部から入ってきた異物に過剰反応するといったことがあります。この過剰反応が引き金となり、かゆみを引き起こします。

かゆみによる不眠の対策方法

かゆみで不眠状態になっているのなら、まずかゆみを止める必要があります。アトピーは慢性的な皮膚疾患なので皮膚科への足が遠のきがちですが、皮膚科できちんと診察してもらいお薬を処方してもらいましょう。

アトピーなどの皮膚疾患で処方されるお薬は、一般的に抗ヒスタミン薬と呼ばれるものです。この抗ヒスタミン薬は眠くなる副作用があるため、就寝前に飲むようにします。かゆみで眠れない方はこの抗ヒスタミン薬の眠くなる副作用は嬉しいもので、これだけでも眠ることができるかもしれません。

ほかにも肌のかゆみを鎮める方法としては

  • 寝る1~2時間前に38~39℃程度のお湯で入浴する
  • アトピーを悪化させる要因となる、ストレスをなるべく溜めないようにする
  • リラックスしてストレスを発散させる

などがあります。

どうしてもかゆくて眠れなくなった時は、患部を掻き壊さないように気を付けます。

冷やしたタオルを患部に当てて熱を取るだけでも一時的にかゆみが治まり、眠りやすくなります。エアコンなどで温度調節をして眠りやすい環境を作る、掻いてしまいそうな時は手袋をして防ぐなど、対策を取りましょう。

また腸内環境を見直すことでもかゆみを改善することができると言われています。ビフィズス菌などの善玉菌を積極的に摂取する、腸を休ませてダメ―ジを回復させることで、アレルギー症状を抑えることが期待できます。

「眠れない」を改善するおすすめ睡眠サプリを見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る