睡眠サプリで不眠を解消!効果の高いおすすめサプリを紹介します

ぐっすり眠れて、目覚めすっきり!おすすめ睡眠サプリランキング

HOME » 眠れないのはなぜ?不眠の原因を探る » 咳で眠れない

咳で眠れない

咳が出ることで眠れなくなるのはなぜ。症状や対策方法について調べました。

なぜ咳が出てしまうのか

咳で眠れないイメージ画像昼間は平気だったのに、夜になると途端に咳が出始めて眠れなくなってしまうことがあります。

そもそも咳は、のどや気管の粘膜が刺激を受け、それに対する防御反射によって起こるものです。

風邪をひくと咳がひどくなるのも、ウイルスや細菌が粘膜に付いているからだと言われています。

夜になると咳が出る原因は?

夜になると咳が出てしまう原因は、さまざまなことが考えられます。睡眠中は自律神経の副交感神経が活発になることで筋肉がゆるみ気道が狭くなります。それにより少しの刺激でも気道の粘膜が過剰反応し、咳が出やすくなります。

また、咳喘息になっていることもあります。ひどい咳が出る風邪や喘息経験がある方に多いのですが、喘息と同様に気道が敏感になり、咳が出やすい状態になります。知らない間に口呼吸をしている方も要注意です。仰向けに寝ていることで喉が乾燥し、咳がひどくなってしまいます。

見逃しがちなのが、布団についているダニやほこり、羽毛などによるアレルギー反応です。そば殻を使った枕を使っている場合も、人によってはアレルギー反応が出ることもあります。喘息などの異常がないのに夜布団に入った時にだけ咳が止まらなくなるという方は、アレルギーを疑ってみても良いでしょう。

咳による不眠の対策方法

夜に咳が出て眠れないときの対策方法としては、まず気道を広げて刺激を与えないようにすることです。

  • 仰向けに寝るよりも横向きに寝る
  • 喉の乾燥を防ぐために暖かい飲み物を飲む
  • 部屋が乾燥しないように加湿器を利用して湿度を50~60%に保つ
  • マスクをして喉の乾燥を防ぐ
  • 上半身を30~45度に起こして寝る

など、喉の乾燥を減らし、呼吸が楽になる姿勢で寝るのがポイントです。また、咳がひどいときは喫煙や飲酒は控えましょう。

それでも咳が止まらない時は咳喘息や結核、マイコプラズマの可能性もあります。

頑固な咳が1~2週間続く場合は、耳鼻咽喉科を受診してみましょう。ストレスによって咳が出る場合もあるので、その場合は原因となるストレスを解消するのが先決です。

「眠れない」を改善するおすすめ睡眠サプリを見る>>

安眠・熟睡したい方必見!
睡眠サプリの効果を
口コミで検証

不眠症の市販薬(睡眠改善薬)
の効果と副作用

4つに分類される
不眠症の症状とは?

眠れないのはなぜ?
不眠の原因を探る